経費削減コンサルティング,電気料金,都市ガス料金,プロパンガス料金,電子ブレーカー,基板修理,レントゲンフィルム買取・回収・処分

 

 
 
 
 

コストダウン&省エネのご提案【電気料金,PPS,電子ブレーカー,節電,水道料金,節水,燃料添加剤,都市ガス料金,プロパンガス料金,店舗賃料,テナント賃料,レントゲンフィルム買取回収リサイクル,業務用ゴミ処理費用】

電子ブレーカー導入リスクのご説明。信頼できる業者選び①

電子ブレーカーは低圧電力の基本料金を確実に削減する、すぐれた商品です。しかし残念ながら、一部において、あまり評判が芳しくありません。導入リスクやトラブルなどについてご説明させて頂き、導入をご検討されている皆様の電子ブレーカへの理解と、信頼できる業者選びのご参考となれば幸いです。

電子ブレーカーの評判が一部において芳しくない理由

理由その・・・『電気代が下がる』というのがそもそも怪しい。

節電器詐欺など『電気代が下がります』という提案に騙されて、被害にあわれた方も多数おられます。また、直接被害にあわれなくとも、節電器詐欺を報道等で一度くらいは目にされた事があるかと思います。電子ブレーカーは節電器等とは異なりしっかりした商品ではございますが、『電気代が削減できる』という、ご提案自体が怪しいと思われてしまう事が良くあります。

理由その・・・電話や飛び込み営業など、売り込みがしつこい。

電子ブレーカーのご提案は、販売業者からしますと、待っていてもお客様の方から注文がドンドン来るというようなものではございません。こちらからお伺いしてメリットをご説明して、ご注文頂くものです。そのような商品の性質上、電話営業や飛び込み営業など、しつこい売り込みを行わざるを得ないという事情がございます。電話営業を外注化している販売会社も有る為、一度お断り頂いても、何度も何度も営業の電話が掛かってくるという事も有ります。

理由その・・・価格が妥当なのか分からない。

理由その1、理由その2でも申し上げましたが、電子ブレーカーは待っていて簡単に売れる商品ではございません。そのため販売経費・営業経費がかさみます。高額なリース料で販売する業者もございますのでご注意ください。

理由その・・・導入したが、ブレーカーが落ちる等、トラブルが有った。

電子ブレーカーの導入で最も重要なポイントはブレーカー容量の算定です。最適なブレーカーを導入しないと、ブレーカーが落ちたり、本来得られるはずの導入メリットが少なくなったりします。最適なブレーカー容量の算定には、導入実績が重要になります。実績がしっかりした業者に導入を依頼しましょう。

理由その・・・導入後すぐに販売業者がつぶれた。

電子ブレーカーのご提案は、販売業者からしますと、待っていてもお客様の方から注文がドンドン来るというようなものではございません。経費がかさみますので、『大きな会社だから安心』というような事は有りません。販売業者が廃業したり、取り扱いを休止するということは良くあります。価格が相場より相当安い、保証期間が相当長いというのは、一見お客様からすると安心材料かもしれませんが、逆に言うと、販売実績があまり芳しくない為、苦し紛れに低価格&高保証を提示している可能性も有りますのでご注意ください。(あくまで可能性であり、低価格&高保証のご提案をされている業者様を否定するものではございません。)

電子ブレーカー導入トラブル3大事例(販売業者に非が有り)

トラブル事例・・・ブレーカーが落ちる

電子ブレーカー導入において最も重要なポイントは、正確な容量のブレーカーを設置するという点です。適正容量よりも大きな容量の電子ブレーカーを設置すると、本来削減できる基本料金よりも割高な基本料金になってしまい導入メリットが減ってしまいます。逆に容量が小さすぎるとブレーカーが落ちます。実績が豊富な業者を選ぶ必要が有ります。また、導入実績に業種の偏りが有る場合が有ります。主としてガソリンスタンドに提案している販売業者、主として自動車整備工場に提案している販売業者・・・というような具合です。マンション共用部と自動車整備工場では動力設備の内容や事前調査のポイントは全く異なります。業種ごとの導入実績などをしっかり確認して、実績のある業者を選びましょう。
導入後『電子ブレーカーが落ちる』原因に季節変動が有ります。導入時は冬(春・秋)で、エアコンなど空調機が稼働しない(稼働頻度が少ない)時期であった。しばらくはトラブルがなかったが、夏になりエアコンがフル稼働して、ブレーカーが頻繁に落ちる、というようなトラブル事例が有ります。業者の調査ミスが原因ですが、「エアコンが稼働しない冬に販売して、夏には売り逃げしよう」という意図が有ったのでは?と疑わざるを得ない場合も有ります。動力設備の稼働に季節変動が有る場合はご注意ください。
「大きな、しっかりしてそうな会社だったので安心したんだけど、ブレーカーが落ちました・・・」という事が有ります。調査を行うのは、担当者ですので、その担当者が信頼できる人物かの見極めが大切です(なかなか難しいですけど・・・)。導入メリットばかりでなく、導入リスクについても説明しているかどうかが見極めの一つのポイントになるかもしれません。

トラブル事例・・・相場より相当高い価格で購入させられた

電子ブレーカーの導入メリットはお客様の低圧電力ご契約容量や、動力設備のご使用状況、動力設備の内容により異なります。例えば、電子ブレーカーの導入で、月額30,000円近い削減メリットが発生する場合も有れば、月額8,000円程度の削減メリットしか発生しない場合もあります。電子ブレーカーの導入費用は容量等で大きく変わるものではございません(既存設備の変更等を要する一部の場合を除く)が、お客様の導入メリットの応じて、高いリース料にて販売している業者もございますのでご注意ください。

トラブル事例・・・販売業者がつぶれた。担当者が会社を辞めた。

「いろいろな事を手広くやっている大きくてしっかりしていそうな会社だったので安心したんだけど、潰れました・・・」という事があります。本業が別に有り、「電子ブレーカーの販売が儲かりそうだから」と理由で販売している販売代理店が有ります。販売状況により「電子ブレーカー」の取り扱いをやめたりする事も有りますので、本業何の会社なのか?という点にも注意が必要かもしれません。
営業マンに販売ノルマを課している販売会社も有ります。離職率が高い販売会社もございます。「営業マンがお客様に都合に良い事を伝えていたが、会社は関知していなかった」ということもございます。

その他のトラブル事例
  故障・・・故障は基本的に殆ど有りません。
  詐欺・・・「安いと思ったら電子ブレーカーではなかった」という事が有ります。ご注意下さい。

電子ブレーカー導入トラブル3大事例(お客様のご事情による)

トラブル事例・・・事業所が移転して、電子ブレーカーのローンだけ残った

動力設備に変更がなければ、電子ブレーカーの容量変更は不要ですので、移設すれば使用可能です。弊社は移設時に費用負担が発生しない保証(月額630円を頂戴致します)をご用意しております。

トラブル事例・・・事業をやめたが、電子ブレーカーのローンだけ残った

昨今の景気低迷により、業績に苦しんでおられる企業様は多いかと存じます。経費削減の為、ローンを組んで電子ブレーカーを導入したが、それでも会社がもたなくなったという事が有ります。

トラブル事例・・・設備変更して、ブレーカーが落ちる(容量変更が必要になった)

設備の変更が有る業種と殆どない業種が有ります。容量変更が必要な場合は、費用が掛かりますので、ご注意が必要です。弊社は容量変更時にお客様に費用負担が発生しない保証(月額630円を頂戴致します)をご用意しております。

 

評判・リスク・クレーム・トラブル・詐欺・悪徳などその②のご説明ページも併せてご覧ください。

 

 


設備投資や初期費用をなるべく必要としない(一部を除きます)経費削減&省エネのご提案を行っております。店舗&企業経費・マンション管理費の見直しに役立つ情報を提供出来るように内容の充実を図って参ります。

ページ先頭へ

電気料金削減(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成