経費削減コンサルティング,電気料金,都市ガス料金,プロパンガス料金,電子ブレーカー,基板修理,レントゲンフィルム買取・回収・処分

 

 
 
 
 

コストダウン&省エネのご提案【電気料金,PPS,電子ブレーカー,節電,水道料金,節水,燃料添加剤,都市ガス料金,プロパンガス料金,店舗賃料,テナント賃料,レントゲンフィルム買取回収リサイクル,業務用ゴミ処理費用】

プロパンガス(LPガス)節約方法&節約アイデアのご紹介

家計節約に役立つ、プロパンガス(LPガス)の節約方法・節約アイデアをご紹介させて頂きます。

 プロパンガス(LPガス)節約方法&アイデア・・・キッチン(台所)

 節水する・節水型の水栓を使用する
水を節約する事は同時にガスを節約することにもつながります(お湯・給湯機使用時)。 
 お湯は必要な量をわかす
無駄なお湯を沸かすのは勿体無いです。手間は掛かりますが、必要な量を計量カップ等ではかってから沸かすと無駄が有りません。 
 なべ底の水滴は拭き取ってから調理する
鍋やヤカンを洗ってそのままコンロに掛けるのは避けましょう。なべ底に水滴が付いていると、水滴を蒸発させるために余分な熱エネルギーが必要になります。なべ底を拭いてからコンロに掛けましょう。 
 なべ底がタイラで広い鍋やヤカンで調理する
ガスの炎を効率よく多く伝える為には、なべ底がタイラで広い鍋やヤカンで調理するのが良いです。エネルギー効率がよく、早くお湯を沸かす事が出来ます。
 給湯機で沸かしたものをコンロで沸かす
お湯を沸かすときに、水道水を鍋やヤカンに入れてコンロで沸かすよりも、給湯機で沸かしたものを鍋やヤカンに入れてコンロに掛ける方が効率的です。コンロよりも給湯機の方が熱効率が良いからです。 
 ガスの炎が鍋からハミ出さないように調節する
ガスの炎が大きすぎて鍋からハミ出ていると、その分の熱が伝わらず無駄になります。ハミ出さないように調節し、炎がすべて鍋に伝わるようにしましょう。弱火だと沸騰するまでに時間が掛かり、放熱量が多くなり無駄が生じますので、中火の方が良いでしょう。 
 鍋やヤカンには蓋をする
放熱量を減らし、沸騰するまでの時間を短縮するには、蓋が効果的です。蓋をしない場合に比較して約2割程度もガス使用量を削減できます。 
 煮物を調理する際には落とし蓋をする
煮物を調理する際に落とし蓋をすると、放熱量が減り、ガスの炎の熱を効率よく鍋に伝える事が出来ます。落とし蓋ナシの場合に比べ、調理時間も短縮できますし、味もしみこみやすく&美味しくなります。 
 食器は手洗いよりも食器洗い乾燥機(食洗器)の方が効率的
食器洗い乾燥機は、光熱費や水道使用量の両方の面で、お湯を流しながらの手洗いよりも高率的です。その上、高温で洗いますので、手洗いよりも衛生的です。 

 

 プロパンガス(LPガス)節約方法&アイデア・・・バスルーム(お風呂)

 お風呂を沸かすとき・入浴後には必ず蓋をする
お風呂に蓋をすることで、放熱量が減り、効率的に沸かす事ができ、水温低下にも効果的です。 
 家族で一緒に入浴する・続けて入浴する
沸かしたお湯も、時間が経過すると水温が低下します。入浴のタイミングに合わせてお風呂を沸かし、沸いたらすぐに入浴し、間をおかずに次々と入浴するようにしましょう。家族で一緒に入浴するのはガスの節約だけでなく、コミュニケーションも深まり一石二鳥です。 
 シャワーをなるべく減らして、浴槽入浴する
シャワー17分程度で、浴槽1杯分の水量を使用します。家族が多ければシャワーを減らし浴槽入浴した方が効率的です。プロパンガスの単価やシャワーの水量等にもよりますが、1回10分程度のシャワーならば50円程度の費用になると思って下さい(目安です)。 
 節水する・節水型のシャワーヘッドを使用する
シャワーの水を節水する事は、水だけでなくガスの節約にもつながります。

 

 プロパンガス(LPガス)節約方法&アイデア・・・リビング(居間・居室)

 着るものを工夫して、暖房の温度を上げすぎないように調節する
厚着をすれば、ガスファンヒーター・温水床暖房などの温度設定を上げすぎないでも快適に過ごす事が出来ます。設定温度の目安は20度といわれています。 
 カーテンを厚手のもにするなど、熱が逃げない工夫をする
窓ガラスからは放熱しやすいですし、外気が入りやすいので、カーテンを厚手のものにするなど熱が逃げない、冷気が入らない工夫をしましょう。ただし、定期的な換気をする事にも注意が必要です。 
 外出の20分前には暖房器具のスイッチを切りましょう
暖房器具を切っても急に室温が低下するわけでは有りません。お出かけ直前に暖房器具を切るのではなく、外出の20分程度前を目安として暖房器具を切る習慣づけをしましょう。ガスの節約だけでなく、消し忘れにも効果的です。 

 

 ガスは暖房に使用していないけど、どうして冬のガス代は夏とこんなに違うの

 プロパンガス(LPガス)料金、プロパンガス(LPガス)使用量は冬場がピークになります。気温の低下による暖房需要の高まりも一因ですが、水温の低下も大きな要因です。水は温まりにくいという性質が有ります。夏と比較して冬は水温が低いので、温めるのに多くのガスを消費します。お風呂・シャワー・洗面所・キッチンなどお湯を使う場面でのガス使用量も夏に比べて冬は多くなってしまいます。ガスを暖房に使用されていなくても、夏と比較してガス代が高くなるのはこのような理由からです。

 

 節約はもう十分にやりました!と仰る方は、
プロパンガス(LPガス)業者変更による料金削減・適正化をご検討下さい。

  『プロパンガスお問合せ』はこちらから。お気軽にお問合せ下さい!プロパンガス料金削減お問合せ・お気軽に!

 

 

 

 

弊社運営姉妹サイト『ガス代見直しドットコム」』こちらもご覧下さい!
姉妹サイト「ガス代見直しドットコム」へ移動します

 

 


設備投資や初期費用をなるべく必要としない(一部を除きます)経費削減&省エネのご提案を行っております。店舗&企業経費・マンション管理費の見直しに役立つ情報を提供出来るように内容の充実を図って参ります。

ページ先頭へ

電気料金削減(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成