経費削減コンサルティング,電気料金,都市ガス料金,プロパンガス料金,電子ブレーカー,基板修理,レントゲンフィルム買取・回収・処分

 

 
 
 
 

コストダウン&省エネのご提案【電気料金,PPS,電子ブレーカー,節電,水道料金,節水,燃料添加剤,都市ガス料金,プロパンガス料金,店舗賃料,テナント賃料,レントゲンフィルム買取回収リサイクル,業務用ゴミ処理費用】

電化上手(季節別時間帯別電灯)へ変更し電気料金削減

当ページは、マンション共用部を低圧契約(100ボルトや200ボルトで受電し、そのまま共用部[電灯・動力]にてご使用の場合。大規模マンションを除く、多くのマンションが低圧契約になっています。主な契約:従量電灯B、従量電灯C、低圧電力)されているマンション様向けの料金削減のご提案ページです。

設備投資は必要ですが確実に電気料金削減が可能です!

東京電力の電力契約メニューは複数あります。マンションの共用部の電力契約は、通常のマンションであれば、一般的な『従量電灯B(C)』よりも夜間料金が安い『電化上手契約(季節別時間帯別電灯)』の方がお得な場合があります。現在、『従量電灯B(C)』にてご契約されているマンション様は、一度『電化上手契約』をご検討されることとをオススメ致します。ただし、『電化上手』契約が適用できるのは、共用部に夜間蓄熱式機器などが設置されている場合に限られます。『電化上手契約』よりも料金削減率が若干劣りますが、似たの料金体系(同様に夜間料金が安い)で、夜間蓄熱式機器などの設置が適用条件とならない『おトクなナイト8・10(時間帯別電灯)』(契約変更が認められない場合も有り)については当サイトの別ページでご説明しておりますので併せてご覧ください。 

  従量電灯B(C) 電化上手契約
(季節別時間帯別電灯)
概要 100ボルトの契約

100ボルトの契約
昼が割高だが、夜が割安

基本料金 1kvaあたり273円 ~6kva:1,260円
7~10kva:2,100円
10kva~:2,100+
   273×(契約容量-10)
使用料金
(1kwhあたり)
0~120kwh:17.87円
 ~300kwh:22.86円
 300kwh超:24.13円

夜間(23時~7時):9.17円
朝晩(7時~10時):23.13円
朝晩(17時~23時):23.13円
昼間(10時~17時)夏季:33.37円
昼間(10時~17時)その他季:28.28円

リンク

東京電力の契約メニュー説明ページへリンク
従量電灯
電化上手(季節別時間帯別電灯)
 

  他の電力会社の同様の契約メニューについて
東京電力以外の他の一部の電力会社にも『電化上手(季節別時間帯別電灯)契約』に似た契約メニューが有ります。マンション共用部への適用可否につきましては申し訳ございませんが、管轄の電力会社にご確認ください。

従量電灯B(C)を電化上手契約(季節別時間帯別電灯)へ変更

現在の『従量電灯B(C)』を『電化上手契約』へ変更する際のポイントについてご説明させて頂きます。

対象 夜間蓄熱式機器などをマンション共用部にて設置のマンション様
削減率 共用部『従量電灯B(C)』電気料金の0~25%(通常は15~20%前後の削減率となります)
設備投資 ・必要(既に夜間蓄熱式機器などが共用部に設置されている場合は設備投資不要)
・共用部スペースに夜間蓄熱式機器などを設置します(ヒーターなど)
・設置スペースを確保できない場合は本契約への変更は不可です。
費用 掛かります
工事 ・夜間蓄熱式機器などの設置工事
・メーターの交換工事(東京電力工事)が必要です
停電 工事の際に、共用部の100ボルトの停電が必要になります。共用照明、集合インターホン、エントランス自動ドア等の他、テレビ、インターネット等も停止する場合が有ります(通常は1時間以内)。
危険性 メーター交換工事の際の共用部停電に注意が必要です。また設備投資費用が掛かりますので、費用対効果を事前にしっかり検証する必要が有ります。削減額はあくまで見込みとなる点も注意が必要です。節電(照明の間引き・点灯時間の減少)や省エネ化(照明のLED化)などによりご使用量が減る場合で有っても、『従量電灯B(C)』よりも割安になります。ただし、節電や照明を省エネ化された場合は、削減額が減少しますので、設備投資費用の回収期間が延びます。
備考

契約変更には夜間蓄熱式機器などの設置が必要ですが、料金削減率が通常の『従量電灯B(C)』の15~20%と高いです。設備投資が困難(設置費用や設置スペースの理由により)な場合は、料金削減率が若干劣りますが、良く似た料金体系の『おトクなナイト8・10』をご検討下さい。
 他の契約(削減方法)との併用可否
  低圧高負荷契約・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・『×』併用不可
  おトクなナイト8・10(時間帯別電灯)・・・・・・・・・・・・・・『×』併用不可
  電子ブレーカーを導入し低圧電力基本料金削減・・・『○』併用可能

367,500円にて夜間蓄熱式機器等の設置&契約変更致します。
・共用部への夜間蓄熱式機器の設置可否確認のための現地調査
 (調査の結果、スペースの都合等で設置不可と判明した場合は費用は一切頂きません
・年額削減額試算および管理組合様への提案
・工事の日程調整(管理会社・東京電力)など
 (理事会様、総会様にてご説明させて頂きます。) 

  

 


設備投資や初期費用をなるべく必要としない(一部を除きます)経費削減&省エネのご提案を行っております。店舗&企業経費・マンション管理費の見直しに役立つ情報を提供出来るように内容の充実を図って参ります。

ページ先頭へ

電気料金削減(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成