経費削減コンサルティング,電気料金,都市ガス料金,プロパンガス料金,電子ブレーカー,基板修理,レントゲンフィルム買取・回収・処分

 

 
 
 
 

コストダウン&省エネのご提案【電気料金,PPS,電子ブレーカー,節電,水道料金,節水,燃料添加剤,都市ガス料金,プロパンガス料金,店舗賃料,テナント賃料,レントゲンフィルム買取回収リサイクル,業務用ゴミ処理費用】

高負荷型の電力契約を選択されているお客様へ


節電や省エネのご検討は電力契約種別の見直しもセットで!


節電や設備の省エネ化等で電力ご使用量の削減が見込まれる場合は、高負荷型契約から通常の契約への変更をされた方が良い(割安になる)場合が有ります(契約変更は必須ではございませんが、割高な電気料金を請求されるリスクが有りますので見直しのご検討・検証をオススメ致します)。

  通常の電力契約 高負荷型の電力契約
基本料金 普通 高い
使用料金 普通 安い
ポイント 普通の料金

基本料金が普通の電力契約より割高
なので、使用量が少ない場合は電気
料金は普通の電力契約よりも割高。
使用料金単価が普通の電力契約より
割安なので、使用量が増えれば増える
ほど電気料金が割安
になる。

節電や設備の省エネ化、計画停電等
で電力使用量の減少が予想される際
には、通常の電力契約へ戻した方が
割安な料金になる可能性
が有ります
契約種別例
(東京電力の例)

通常の電力契約とは
・従量電灯/低圧電力
・業務用電力
・業務用休日高負荷電力
・業務用季節別時間帯別電力
・高圧電力A
・高圧休日高負荷電力
・高圧季節別時間帯別電力 等
 

高負荷型の電力契約とは
・低圧高負荷
・業務用電力2型
・業務用休日高負荷電力2型
・業務用季節別時間帯別電力2型
・高圧電力A2型
・高圧休日高負荷電力2型
・高圧季節別時間帯別電力2型 等

東京電力の例ですが、上記電力契約
を選択されている場合で、節電や設備
の省エネ化を検討・実施中のお客様は
通常の契約(左記契約)へ変更された
方が料金が割安になる可能性が有り
ます(電力ご使用量の削減率による)。 
 節電や省エネ化による電気ご使用量の減少に伴う契約種別変更のご検討については、最寄りの電力会社営業所にて相談が可能です。

 

 


設備投資や初期費用をなるべく必要としない(一部を除きます)経費削減&省エネのご提案を行っております。店舗&企業経費・マンション管理費の見直しに役立つ情報を提供出来るように内容の充実を図って参ります。

ページ先頭へ

電気料金削減(トップページへ)

 
 
簡単ホームページ作成